光沢化工フィルム ラミータック® 管理No.0034-01

無溶剤型プリントラミネート用フィルム
ラミータック®

ラミータック®は弊社独自のコーティング法により、OPP(またはPET)フィルムに接着性ポリオレフィン樹脂をコーティングしたフィルムで、印刷された紙、合成紙等の印刷面の保護、補強、美観の向上を目的としたプリントラミネート用フィルムです。

ラミータック®の特長

無溶剤タイプなので安心

ラミータック®は印刷物等へのプリントラミネートの際に溶剤を使用しません。そのため、消防法、労働基準法の規制を受けることも無く、人体への影響、火災の危険性のない地球環境にやさしいフィルムですので安心です。
溶剤を使用しませんので、印刷物への接着剤の染込み、印刷インキの変色などの影響も無く安心です。

仕上がりがバツグン

ラミータック®は光沢が良く、印刷物表面の凹凸に対してツブレ(ヌレ)が良好のため、印刷部(特に黒系印刷部)の仕上がりがバツグンです。また、上質紙等や厚紙での仕上がりも極めて良好です。
溶剤タイプに比べ初期接着が強いため、トンネリング、接着不良が防止できます。

段取り時間の短縮で作業効率アップ

ラミータック®は接着剤コーティング工程が不要なため、従来接着剤を使用するために要した時間(接着剤の場合、補充、終了時の接着剤抜き、周辺器具の清掃、接着剤の在庫管理等)を全て一掃できます。 そのため段取り時間が短縮し、作業効率をアップできます。

溶剤タイプに比べ設備もコンパクト

ラミータック®は無溶剤タイプですので、接着剤コーティング装置、ドライヤー装置及び、衛生上、防災上の有機溶剤除去設備が不要です。 そのため、溶剤タイプに比べ設備もコンパクトで済み、消費電力も少なく省エネになります。

従来の溶剤型プリントラミネーターでOK

ラミータック®は印刷物と接着性樹脂層とを加熱圧着するだけでプリントラミネートが出来ます。 従って、従来のプリントラミネーターを使用して接着剤を使わずにプリントラミネートすることが可能です。

ページの先頭に戻る